星の郷八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン

0001 (400x225)

去る5月21日、野辺山高原をスタートするウルトラマラソン「星の郷八ヶ岳野辺山高原ウルトラマラソン」に参加しました。
南牧村、小海町、北相木村、南相木村、川上村の5つの町村をまたぎ、最大高低差1000m以上で雄大な景色を見ながら走りますが、アップダウンが続く国内屈指のタフなウルトラマラソンとして有名です。
毎年2000名以上のランナーがこの舞台に挑みます。

0002 (400x225)

前日はリラックス。

受付をしてウロウロしていると。天竜川リバーサイドマラニックを走った山雅さん

がいました。

私たちのエイドももちろん覚えていてくださり記念撮影。

0003 (400x225)

いつもの場所で後発組だけになっちゃいましたが記念撮影。

0004 (400x225)

恒例「ヤツレン」のソフトクリームを食べて。

0005 (400x225)

宿にて前夜祭。

明日走る皆さんはビールもしっかり飲みます。

こうやってみると酒豪ばかり(― ―;

0006 (400x225)

Y子、ジーコ、I村さん、Kぼちゃん、かとあつ、Sばちゃん

Y子以外は100km

当日朝の気温は7℃。数年前は寒くて霜が降りていたこと頃に比べたら暖かいです。

今年は気温がどんどん上がりそう。

かとあつさんは昨年の71kmに続き今年は100km参加。

0007 (400x300)

スタート前。八ヶ岳をバックにランナー気合い十分!

0008 (400x300)

そして、これから始まる長旅をいやしてくれる素敵な演奏。

0009 (400x300)

野辺山の景色。毎年変わらずこの時間帯だけはさわやか気候と素晴らしい

景色で最高です。

0010 (400x300)

10kmくらいロードを走り林道(砂利道)へ入ります。

0011 (300x400)

スタート後18kmくらい最高地点1908m到着。ジーコとリニューアルした綺麗な看板。

今年は富士山が見えず~残念。

まだまだ始まったばかり。

美しい八ヶ岳がいろんなところで顔をだし、生命の水という生き返るような名前の水場が

あったり気持ちよく走れますが、とにかく淡々と進まなければならないコースです。

0012 (400x225)

30km稲子湯エイド前の坂道。

時間帯によっては大混雑です。必死でエイドのものをとりに行きます。

先ほどの最高地点標高1900mから今度は一気に標高800mまで下り、50km

小海エイドで手打ちソバを美味しくいただきます。

そして北相木村から南相木村へ。対面で走るコースもありメンバーにはここで会う

ことも出来ます。

元気もらえる場所でもあります。

しかし今年は暑い、道ばたで倒れている人、エイドは座り込んでいるランナー多数、

過酷さが伝わります。

そんな中、暑さ対策で水あびをさせてくれるエイド。麦茶エイド。霧吹き集団。

そして自己責任のビールエイド(^^)

公式エイドも素晴らしいですが私設エイドも本当に助かりました。

これらがなければ走れないです。

0013 (400x225)

Y子71ゴールです。今年のメダルはまた豪華。

さて、写真がありませんがここからがホントに大変。難所は沢山。

特に79kmの馬越峠は後半最大の難関(らしい)。激上りと激下り。

暑さはまだまだ続きますがここを越えなければゴールは見えない(らしい)

そんな過酷な状況はさておき。

71kmは終わってから温泉に入ってさっぱりして会場に戻り100kmのゴールを

見ながら豚汁、そば、またまたソフトクリームなどしっかりいただけます。

(食べてばかり)それも楽しみの1つです(^^)

0014 (400x225)

いよいよゴール。安堵の表情で帰ってくるランナーがほとんど。

「お帰りなさい」こちらがほっとして涙がでます。

・・・と、辺りが薄暗くなる前に、キター!残り500m! ジーコ行けー!

0015 (225x300)

この暑さでかなり苦戦したそうですが、いい笑顔です。

0016 (400x225)

そして、ゴールまであと1km地点。ここまで歩いてきてしまいました。

制限時間6分前。

0017 (400x225)

やってきたのはかとあつさん。

かと「胃が飛び出そうです!!!」

・・・とは言いながらもとても99km走ってきたと思えない元気!

0018 (400x225)

14時間の制限時間10秒前でした。

ラストランナー、ゴールは花道を走るようなものです。大声援を浴びていました。

メダルをかけてもらい感無量のこの表情。野辺山制しちゃったね~おめでとう!

今年も無事に終わりました。

全員完走とはならずもこのコースに果敢に挑み全力を尽くして頑張る事ができました。

そしてスタッフ、地元の方々、同じランナーさん達の応援に力をいただきました。

ありがとうございました。みんな本当におつかれさまでした!

また一緒に行きましょう